2020年11月01日

怖いもの語り


ひぐらし業5話おもしろかった!
漫画版読んでるからだいたいの内容は
知ってるけど、怖かった~((((;゚Д゚))))

「コワイ話が苦手」と先日書きましたが、
ミステリー・サスペンスは割と好物で、謎解き
っぽいものは割と好きなんですよねw

コナンも見始めるとつい最後まで見ちゃいます。笑

スリラーは…どうかな…?
推理要素があるならアリかな…
とにかく「怖がらせよう」と、息をつく隙の
ない位に仕掛けてくるのはニガテです(;^ω^)

全方位、肉体的にも精神的にも
逃げ場なしのシチュエーションは
メンタルがもたないのかもしれません。

なので、ゲームだとバイオハザードとか
青鬼とかはちょっと無理かな…。。

Wikiに「サバイバルホラー」とありましたが
サバイバル能力が皆無なんでしょうね(´∀`*)アハ♪←

逃げ足が遅く・瞬発力が無いので
クリアできる気がしないという…orz
(キャサリンも詰みましt)

練習したら多少は上手くなるのかな~とも
思ったりしますが、それより先にメンタルが
ガリガリ削られるので、今はやめときますw

そう思うと、ある種スポーツみたいな
要素もあるような気もしますね。

脳神経の反射能力みたいな…
感覚が怖い事象をどう捉えるかによって
「苦手」と感じるか「楽しい」と感じるかが
変わってくるのかもそれない…。

(ちなみにお化け屋敷もニガテです( ノД`))

サイコは…基本的に映画やドラマなどは
登場人物に共感しようとしながら見ているので
狂人に共感しようとしてメンタルが混乱しそうな
気がするのでおそらく無理かな…。

「どんな気持ちなんだろう」って知りたく
なって、すごく考えてしまうんですよね…;
(分からないものでさえ)

作品に限らず、普段から「共感しよう」「理解しよう」
モードに入りやすいので、精神攻撃ハードモードの作品は
自分的にナシです(~_~;)耐性をつけたいものですが…

今回の結論。怖い要素以上に謎解き要素の強い作品は
怖い要素があっても個人的にアリだと思いました。
(心臓がビックリし過ぎない範囲はアリ)

ホラー・サスペンスなどの違いはこちらの
ブログを参考にさせていただきました_(._.)_

ホラー、スリラー、サイコ、サスペンスのジャンルの違い
(JETINOUE's-WEBLOG)

http://jetinoue.jugem.jp/?eid=224



…今ひぐらしのWiki見たらジャンルは
「ホラー・ミステリー(ブラックコメディ)」
なんですね;たしかに「延々解けんわ~」な
感じはあるかも…(;^ω^)そしてブラックコメディw








ゆるキャラ3位…!あざいます!!<(_ _)>



posted by いたち at 20:28
"怖いもの語り"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。